どんぐりのほどほど暮らし〜シングルマザーの快適生活

シングルマザーがほどほど幸せな日常を送るために、快適なお家作りに励むブログです。

都内で自転車に乗るなら個人賠償責任保険が必要!シングル家庭でも払える月150円の保険

娘が学校から↓こんなチラシを貰ってきました。

f:id:donguri_hodohodo:20201122201939j:plain

2020年4月から都内で自転車を利用する人は、「対人賠償事故に備える保険」に加入する必要があるそうです。

 

知りませんでした(x x)

 

 

私は自転車に乗らないのですが・・・娘が時々乗ります。月に1度乗るか乗らないかの頻度ですが、頻度に関わらず、事故で他人に怪我をさせてしまう可能性はありますよね。

 

 

母子家庭の我が家・・・日々カツカツ生活を送っているので、万が一のことがあったとして、賠償を払う余裕はありません。

 

 

事が起きてからでは遅いので、お手紙を貰ったこのタイミングで、対人賠償保険に入ることにしました。

 

 

 

今加入している保険を確認

自転車運転中の賠償責任を補償する保険には、

  • 自転車保険などの名称で販売している損害保険とのセット商品
  • 自動車保険の特約
  • 火災保険の特約
  • 傷害保険の特約
  • クレジットカードなどの付帯保険
  • 会社等の団体保険
  • 学校で加入募集を受ける保険

などがあるそうです。

 

現在我が家が加入しているのは、私の生命保険と付帯するがん保険のみ。

↑離婚前に入っていたものから見直していません。。。

 

よくぞ今まで、保険を使うような自体に見舞われなかったと幸運に感謝です。

 

 

ということで、新たに対人賠償事故に備える保険に加入する必要があります。

 

 

 

月々の支払い額が安い、楽天銀行の「少額あんしん保険」

車は持っていない&持ち家でもないので、今加入している保険の特約を付けるか、持っているクレジットカードの付帯保険に加入するかのどちらかにすることにしました。

 

気になるのは、やはり月々の支払額です。

 

将来のことを考えても、出来る限り安く抑えたいです。

とは言え、十分な補償内容も必要。

 

支払額と補償内容のバランスを考え、楽天銀行の「少額あんしん保険」を選ぶことにしました。

 

楽天銀行の少額あんしん保険で自転車の対人賠償事故に備える

 

月々150円の支払いで、契約者本人と家族について、事故相手に対する法律上の賠償責任補償が最大1億円補償されます。

 

 

しかもこの150円は年払いにすると割引があり、さらに楽天ポイントからも支払うことができます。

 

楽天ポイントで月額150円分なら、月々の負担はほぼ無しといっても過言ではありません!

 

 

楽天の少額あんしん保険に加入するには、楽天銀行口座を持っている必要がありますが、無料でオンラインで作ることができます。

 

hoken.rakuten.co.jp

 

自転車に乗る方、もしくはお子さんが自転車に乗るおうちで、まだ保険に入っていな方はぜひ検討されてみてください!