どんぐりのほどほど暮らし〜シングルマザーの快適生活

シングルマザーがほどほど幸せな日常を送るために、快適なお家作りに励むブログです。

シングルマザー「湯たんぽ」で冬の始まりを乗り切る

新居に来てから早10日、稀に見る暖かい11月で、陽当りが良すぎてむしろ暑い・・・

 

どうやってこの強い日差しを遮ろうかと悩んでいたのに、いきなり寒くなりました(泣)

 

 

今まで、1DK二人暮らしだったので、エアコン1つで家中ポカポカ。

さらに気密性の良いマンションだったせいか、あまり寒さは感じませんでした。

 

 

それが!広い家を求めて、夢の2DKに転居したところ、築年数が古いこともあり、いつでもどこでもスースー。

 

さらに「玄関開けたらいきなりDK♪」の間取りなので、特にDKが寒いのです。

玄関〜部屋への廊下なんて無くても問題なしと考えていた1ヶ月前の自分に教えたい「玄関と部屋の間にはドアが必要だ!」

 

さらに、キッチンに窓が付いているなんてラッキーくらいに思っていましたが、ここからも冷気が。

 

とにかく寒いんです(笑

 

 

エアコンを入れれば良いのは百も承知。

 

ただ、今からエアコンフル活用したら、真冬の電気代を想像するだけで恐ろしいではないですか。

 

 

 

ということで、まずはピンポイントに体を温めるために「湯たんぽ」を導入します。

 

 

急を要していたので、近所のスーパーで買いました。

 

じゃん(酷い効果音

シングルマザー湯たんぽで冬の始まりを乗り切る

娘の分と2つ購入。

 

フリース生地の巾着も付属して、1つ税抜880円!

 

 

金属製の直火OKのものも売っていましたが、火傷しそう&価格が2倍なのでやめました。

 

 

これで今夜から暖かい布団で眠れそうです〜。

朝起きたらお湯を入れ直して、朝食中も抱きます。

 

リモートワークなので、むしろ一日中抱いている予定。

 

 

 

 

これだけでは乗り切れそうにないので、DK用にこちらも注文。

朝の寒さに耐えきれず、勢いで注文してしまった。。。

 

 

エアコンガンガン付けたほうが良かったのでは?と思わなくもないです。

モノを増やしたくないし、この引越しバブルでものすごいお金を使ってしまったのに、いったい何をやっているのでしょう(T T)

 

 

いや、でも寒さには変えられません。

 

 

寒いと心が荒んで、超後ろ向き思考が、さらに後ろ向きになり、人生全般後悔してしまう性分なので、せめて体感温度は上げておきたい。

 

 

↑こちらのヒーターは届いたらその効果をレポートしたいと思います。

 

 

さて、お湯を沸かして湯たんぽ効果を堪能してまいります^^