アラフォーシングルマザー、サバイバル力低めです

中学生娘との毎日。どうにか生きております。

外面が良いのが、私の結婚生活の失敗だったかもしれない

外面良く過ごしてきた私。

それが世の中をうまく生きていく術だと思っていた。

 

でも、人間そんなに良い人じゃいられない。

 

どこかで、「自分」を出さなきゃ爆発してしまう。

 

 

自分の内面=我儘な部分、醜い部分、嫌なところを、さらけ出すのは家族だった。

 

 

親はそれを許容してくれていたけれど、それは親だから。

 

 

他人であるパートナーは、もとは「外面」の相手=良いところしか見せない相手だったのに、いつのまにか「内面」を見せる相手に変わってしまった。

 

パートナーにしてみたら、最初に見ていた「外面」が消えて、嫌な部分だけが見えるようになったに違いない。

 

 

外と内を使い分けているから生じる歪。

 

 

 

そして、私がこの「内」を今見せられるのは娘になってしまった。

 

 

さすがに子供なので、元夫ほど全部をさらけ出しはしないが、やはり感情をぶつけてしまうことがある。

 

 

 

他人に自分をよく見せようとするばかりに、本当に大切なものを傷付けているのだ。

 

 

そろそろ中間点である自分を見つけるべきだ。

 

表と裏を一致させたい。

 

 

 

アラフォーになって遅すぎるかもしれないが、その中でも今日が一番早い。